RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々学び

<< 人付合い&気配り | main | 大切なこと、もう1つ >>
いろいろな問題
0

     

     昨夜から沖縄に滞在。

     

    気分転換&リフレッシュ・・・なんていうのとは程遠く、明日の朝から数日間研修を受けるために来ています。

    偶然、ヤクルトスワローズの選手と同じ宿泊先ですが、普段野球を見ていないので選手の顔がわかりません・・・ファンにはきっとたまらないかもです。

     

     

    話はかわって、

     

    誰でも同じだと思いますが、生きていると色々な問題が予想(内)外に降りかかってきませんか?

     

    もしかしたら何も起こらない人もいるのかなー、仮にいるならば、少し羨ましい気もします。

     

    そういった問題が起こった際、他の人はどんな思考を持ち、どんな行動を取るのか、参考にしたく少し興味があります。嫌で、辛い、苦しい問題、普通は当然の如く避けますよね(避けたくなります)?

    私は立場的に避けることができないことが多々起こります。

     

    けっこう自分で蒔いている種もあるので・・・それは自業自得なのですが・・・。

     

    避けられる人が羨ましいと少し思う反面、それでも、間違いなく言えることは、そういった問題を逃げずに越えたとき、また正面から向き合ったとき(その時は本当に辛いのですが・・・)、自分に与えられた課題を一つ越え、一段レベルがあがったなーと事後(数年後に)に感じることがあります。

     

     

    そして、より一層地に足がつき、グランディングができた状態になれます。軸ができる感じ?でしょうか。

     

    色々な問題をクリアにしていくことが、現実と理想のギャップを埋めてくれる。

     

    月並みな言い方ですが、結局そういった目の前の問題を一つ一つクリアにしていく地味な行為がとても大切だと思っています。もしかしたら、その繰り返しによってその人間の深さが作られるのかもしれません。

    どこかの遠い問題、課題やスピリチュアルという話ではなく、あくまで目の前に現実の話です。

     

    20代半ばまでは夢や理想を語れば大いに盛り上がり、空想や妄想とはまだ言われないと思います。

     

    最近、理想と夢が大きい、あまり若くない方(怒られるかな・・・)と話す機会がありました。その人から67年前にも似たような話を聞いた記憶があったのですが、問題を避け、グランディグングができていないと、話は確かに想像力を増し内容やその後にもらった文章はボリューム満点で素晴らしいのですが、何か現実感がない。過去に抱いていた理想や夢が微妙に形を変え、品を変え、語ることで発散、逃避的な空想に成りゆく可能性があることを感じてしまいました。

     

     

    まずやるべきことは、遠くのあれこれではなく、目の前の壁、問題、課題を一段一段クリアにすること → 自分にも言い聞かせている大切なこと。

     

     

    そう実感すると、今抱えている諸問題・課題に対して、どう取り組もうかという具体論に意識をが向き・・・次のステップに進めます。この段階までくると、悶々としたという状態を抜け出れます。

     

     

     

    | - | 15:34 | - | - | - |