RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

日々学び

<< 強烈なメッセージ | main | 9月の勉強会 無事終了! >>
10月下旬にイベント開催 & 成功する為のコツ
0

     

    JR本郷台駅のすぐ隣にあるアースプラザという施設内にて約75分のイベントワークが開催されます。

     

    日時:1023日(日曜)、27日(木曜)13:3014:45 各回定員25

     

    「正しい歩き方をマスターする」をテーマに、歪みや緊張を取る導引整体法、生涯自分の足で歩く為の歩法訓練などのエッセンスをお伝えする内容です。

     

    有り難いことに両日共、既に各定員25名を超え、キャンセル待ちも両日共10名以上になっているとの嬉しい報告がありました。現在、追加にてイベントをもう1回増やせるか検討中です。

     

    満員というのは、嬉しい限りですが、既存の教室に通う生徒さんには声を掛けていないので、初対面の方々総勢50名以上の方と顔を合わせることになりそうです。

     

    今からドキドキ・ワクワクです。

     

    いつもそうですが、初めて行うイベントの開始直後は、場の一体感もなく、バラバラした雰囲気、そして本当に効果があるのか、疑いの目で見る方も結構います。

    そういった方々を1時間後に、自身の体で効果を実感してもらうように進行するのはとてもやりがいのあるチャレンジです。

     

    参加者がもし全然効果を実感できなかったら・・・石でも投げられそうなプレッシャーの中・・・考えただけでも、なかなか刺激的です・・・。

     

    満足している・していない は、終わった時の参加者の表情を観れば一目瞭然です。

     

    過去、こういう場で何度か痛い目に合ってきました。痛い目を繰り返しながら、うまい人、うまくいっていない人の行動を観察した結果、その失敗の確率を大幅に下げるためのコツ?を発見しました。

     

    それは・・・、

     

    「参加者にとって何を伝えることが最善か?」、

     

    「自分がどういう意図(意識)で取り組むか?」、この2点をはっきりさせることです。

     

    これは、どこでも応用が利きます。

     

    例えば、

    今日はどんな意図で仕事をするのか?

     

    楽しむのか、集中するのか、積極的に動くのか、冷静に進めるのか・・・。

     

    カフェであれば、ゲストとたくさんコミュニケーションをとる、ゲストの笑顔をたくさんみる、今日一日楽しんで仕事をする、心を開いて接客する・・・そうやって、自分で自由に設定ができます。

     

    この意図を決めておかないと、その日1日をその時の場の流れや周囲の人の影響下の中、クラゲのようにフワフワして終わってしまいます。

     

    以前、世界有数のアメリカトップコーチから教えを受ける機会がありました。その方は常に帽子を被るジェスチャーを行い、今日は○○という意図の帽子を被る、つまり意図を自身で決めてから行動に移すと言っていました。さすがだなーと思いました。

     

    良いことは真似る、取り入れる、参考にする。いつも心掛けています。

     

     

    因みに、

    デイリーフのスタッフが当たり前に使っている「お疲れ様 → お元気様」、

    これも以前、京セラの創業者である稲盛さんが使っているとの話を聞き、使わせてもらっているフレーズです。

    今では誰でも当たり前に使い、元スタッフですら、ここに来ると当たり前のように使ってくれます。

     

    少し話は反れましたが、

     

    ぜひ、日々の生活に意図を設定する習慣を心掛けてみては如何でしょうか?

    意図を設定するだけで、その日1日が変化します。

     

    因みにイベントでの私自身の意図は、オープンマインド(心を開いて)で楽しみながら進めるという意図で参加する予定です。

    | - | 08:08 | - | - | - |