RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々学び

<< 自分の第一印象を知っていますか? | main | 9月の勉強会テーマは・・・ >>
無事にお祭りが終わりました。
0

     

    毎年、この時期はカフェがある町内のお祭りに参加しています。

     

    思い起こせば、参加するきっかけも突然でした。

    今まで焼き鳥を販売しているボランティアさん達が急きょ参加できなくなり、

    話が来たのが始まりです。

     

    「取りあえず、やってみる」を信条にしている身として、

    またスタッフにも1年に1度位は地元のイベントに協力しましょうと言って、嫌な顔をする人は誰一人いません。

     

    焼き鳥を焼くなど、人生で一度も経験がなかったのですが、ここ数年で5千本は焼いたのでなかなか様になってきました。

     

    2年ほど前、本当にはまってしまい、夜は焼き鳥屋さん、昼間は鳥出しのラーメンを出せる赤ちょうちん風なお店を出店しようと真剣に考えたほど・・・何と店名まで・・・「焼き鳥 小太郎」。

     

    お祭りは本当に大変ですがやって良かったと思っています。昨年、焼き場を手伝ってくれた男性が焼き場はフルマラソンよりキツイと言うくらいです。

     
    「たくさん売れて、儲かっていいですね」と言う人がいますが、町内イベントで子供でも買える金額にしているので利益は毎年残りません。

    機材のレンタル、消耗品・準備、打ち上げ、余ったお金で毎年作っているTシャツの足しに。それで終わってしまいます。しかも雨でも降ったら、数百本が無駄になるリスクを負いながら(今年は数を減らしてしまいスミマセンでした)。

     

     

    また、関係者一同が集まる良い機会にもなっています。

    カフェの現スタッフを主に、久々に顔を出す元スタッフや、今回は学習協会のメンバーや空手の生徒さんにも手伝って頂きました。総勢14、15名ほどが集まりました。

     

    マメなスタッフが毎年お祭りアルバムを作ってくれるので、それを見るのも一つの楽しみになりました。

     

    振られた話に対して、面倒臭い、大変そう、やったことない・・・そんな想いや損得の前提で話を聞いていたら間違いなく参加を断っていたと思います。

     

    受けたからこそ、新しい思い出が生まれ、日常のちょっとしたスパイスになりました。焼き鳥やの店舗出店は行き過ぎた計画ですが・・・。

     

    「まずやってみる」、大切にしたい信条の一つです。あれこれ考えるのはその後。

     

     

    今年も

    無事ケガもなく皆で楽しめたので、機会があるうちは、参加していこうと考えています。

     

     

     

    | - | 13:02 | - | - | - |