RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々学び

<< モチベーションをkeepする方法は? | main | 間もなくブログ引っ越し・・・ >>
続モチベーション話
0
    アップ忘れてました・・・

     

     

    前回のブログ、「モチベーションを維持するには?」という話

     

     

    モチベーションを上げる、保つ方法というその言葉自体がおかしいという内容だったのですが、それに対してこんな意見を頂きました。

     

     

    「そうはいっても、普段好きなことだけをしているのではなく、嫌なことをしなくてはいけないことだってある・・・やはりモチベーションをkeepする方法を探す?ことは必要ではないか?」

    そんな感じの意見だったかと思います。

     


    これを読まれている方は、どうなんでしょうか。
    普段、そんなに嫌なことばかりして生きていますか?(笑)

     

     

     

    でも、私はやっぱり
    嫌い、嫌々・・・そんなことを感じているのに持続できる方法を私は知らないし、探そうともしません。

     


     

     

    そこまで嫌なことはしない!って決めてます(笑)。

     

    頑張る、努力をしようと思った瞬間に義務感が生まれ、奥歯がすり減り、人間が卑屈になる気がします。

     


     
    何年も我慢して生きている、我慢して働いている人で心身ともに健やかな人を私は知りません。

     

    我慢は美徳ではなく、人間を卑屈にするものではないでしょうか。

     


     
    因みに私は「頑張る」という言葉を使わないようにしています。「頑張る」より、「楽しむ」です。

     

     

     

     

    私も人3倍、苦手・嫌だ―と思うことは多々あります。

     

    でも、その先になぜそれに取り組むのか?という明確なゴール(意思)に意識が向いていれば、それは苦手、嫌だ―
    という単純なものではなく、今の自分を越える糧になったりします。
    だから、ただ嫌なものというものはあまり存在しないと思っています。

     


     
    自転車で転ぶのは痛くて嫌だ〜。

     
    「転ぶ、痛い」ということにのみ焦点を当てていたら、続かないかもしれません。でも、「乗りたい!」という明確な意思や夢があるから転ぶ恐怖、痛みを越えられる。

     

    そんな目標や夢もなく嫌なことなら・・・私は絶対やりません。

     

    人生1回、しかも限られた時間。好きなことして生きたいからです。
    | - | 09:55 | - | - | - |